• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

期限付きB型肝炎給付金制度について

B型肝炎ウイルスの感染経路は、母子感染やウイルスを持つ人の血液や体液を介した感染が考えられますが、幼少期に受けた予防接種による注射器の連続使用が原因のことがあります。

これにより感染した人を救済するために「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が制定されました。

この制度は、平成29年1月12日までの請求期限付きです。

B型肝炎は自覚症状がなくても感染している場合がありますので、市町村で無料で受けることのできる検査を受けることです。そして、陽性となり、集団接種以外に感染の原因がない場合、必要書類を揃え、裁判所に提出し、国と和解することで、症状により、50~3600万円の給付金を受け取ることができます。

B型肝炎給付金請求については、法律事務所の弁護士による電話相談も行われていますので、該当する方は利用してみましょう。

弁護士に相談するなら

相談をするならB型肝炎訴訟を多く扱っている弁護士、法律事務所に依頼しましょう。

チェック!

おすすめ情報。

ページトップ