• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟と弁護士と本人のうつ病

もくじ

  1. B型肝炎訴訟と弁護士と本人のうつ病
  2. B型肝炎訴訟の弁護士における勤務時間
  3. 肝炎訴訟が認められ国が損害賠償に伴う法律施行も
  4. B型肝炎訴訟について感染経路を知る
  5. B型肝炎訴訟に関わる最新情報について
  6. B型肝炎訴訟における検査項目について
  7. 国に対してのB型肝炎訴訟の詳しい内容について
  8. B型肝炎訴訟の際の弁護士の選び方
  9. B型肝炎訴訟の手引きとは
  10. 獲得するために知るべきB型肝炎給付金のこと
  11. B型肝炎を予防するためには
  12. B型肝炎訴訟の対象者はどういった人たちなのか
  13. 申請期限が迫るB型肝炎給付金
  14. B型肝炎訴訟を積極的になって行おう
  15. 家族がB型肝炎ですでに亡くなっていてもB型肝炎給付金は対象か

B型肝炎訴訟と弁護士と本人のうつ病

B型肝炎訴訟は大変な病です。その大変な病で苦しんでいるのに、弁護士からの謂れのない一言で本人が傷ついてうつ病になっていしまう可能性は大いになります。これにはバランスのいい食事と、ある程度の柔軟性を持った考え方と、「自分はこうなんだ」という強い意志が必要になってきます。

そうしたB型肝炎訴訟によって弁護士から謂れもない一言を受ける場合には、即刻その人を解職させてください。本人のうつ病になるまえに対処した方がいいです。B型肝炎訴訟jは弁護士も本人のうつ病も大変なことです。それを乗り越えられる覚悟がなければ告訴ができないというのも皮肉なものです。

B型肝炎訴訟の弁護士における勤務時間

B型肝炎訴訟の弁護士における勤務時間は、他の裁判に比べて楽であると言えます。B型肝炎訴訟は、他の訴訟に比べると、最初から証拠が決まっている決まっていないということが決定されているために、弁護士の自由な時間を取ることができます。

これが刑事事件などになると、面接の時間は決まっているわ、馬の合わない人に出会う可能性はあるわ、国選弁護人などお情けのような弁護士しか受けられないなどの制約があるのですが、B型肝炎訴訟にはそうしたものがありません。きちんとしたスケジュールで勤務時間を決めることができます。B型肝炎訴訟のにおける勤務時間は、かなり優遇されています。

肝炎訴訟が認められ国が損害賠償に伴う法律施行も

肝炎訴訟はウイルス性肝炎に感染した原因が予防接種や薬害にある場合、責任のある国や製薬会社に訴訟を起こすことをいいます。B型肝炎訴訟では集団予防接種等の注射器の使い回しにより感染したことを国が損害賠償を認め特別措置法が施行されることとなりました。

これによりB型肝炎給付金が受けられるようになりました。C型肝炎訴訟では製薬会社が製造販売した血液製剤の投与によって感染した事を国や製薬会社が認め特別措置法が施行されました。

本人だけではなく遺族でも損害賠償をすれば給付金が受けられる場合もあり、手続きは簡素化されています。

B型肝炎訴訟について感染経路を知る

B型肝炎訴訟では、どのような感染経路であったのかも問題になり得ます。肝臓は、沈黙の臓器とも言われ、症状の悪化が分かりにくいことも、B型肝炎訴訟が難しいものになる原因のひとつとも言われています。

症状の出にくい分かりにくいものだからこそ、どのように感染する可能性があるのか、また、自分が感染していた場合、どのようなことで他者にうつしてしまう可能性があるのか、知っておくのは有益です。よく知られている感染経路は、母子感染、注射器による感染、性交渉などがあります。

母子感染は、母親が感染している状態で子供にもうつってしまうことです。

注射器による感染は、ひと昔前に、雑な予防接種などが横行していた経緯で、注射針を使い回されて感染してしまったケースです。性交渉は、必ず感染するわけではありませんが、避妊具をつけるなど、体液や血液が直に触れないようにすることが大事とされています。血液が付着するものでいうと、歯ブラシやカミソリなども、気を付けた方がよいとされています。

B型肝炎訴訟に関わる最新情報について

B型肝炎訴訟は「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」により、平成29年1月12日までに提訴することを条件としていましたが、最新情報では期限を5年延長する法案が第190回通常国会に提出され、平成28年5月13日に可決されました。

これは給付金受給者と推定される人口の99%が受給できていない現状を鑑みてのものです。給付金受給者が少ない理由は、制度が知られていない、感染に気付いていない、自己判断であきらめていることなどが考えられますが、弁護士事務所には無料でB型肝炎訴訟についての相談を受けているところもありますので、一度確認してみると良いでしょう。

B型肝炎訴訟における検査項目について

B型肝炎訴訟を開始する前に、B型肝炎ウイルスに感染してるかどうかを血液を採取し、検査します。

ウイルスに感染すると,血液中にウイルスが認められ、免疫機能がウイルスを排除しようとして,血液中に抗体を作ります。これらをウイルスマーカーと呼びます。

ウイルスマーカーを検査することにより、B型肝炎ウイルスに感染しているのか(過去の感染歴も含め)、感染したのであればウイルスの量や感染力などを測定します。B型肝炎ウイルスの場合の検査項目は、HBs抗原、HBs抗体、HBe抗原、HBe抗体、HBc抗体、IgМーHBc抗体、HBV-DNAなどがウイルスマーカーとなります。

ウイルスマーカー陽性の場合にB型肝炎訴訟を検討する段階となります。

国に対してのB型肝炎訴訟の詳しい内容について

B型肝炎訴訟のはじまりになったのは、5人の感染者が国に対して訴訟を起こしたことからです。それから18年の月日が経って、非常に困難であった道のりが想像されています。

最初の戦いについては国に勝訴となりましたが、5人はそれでも戦い、ついに国に勝訴できることとなりました。このような5人の動きを見て全国の感染者たちは、次々と立ち上がって訴訟をおこない今日の和解協議につながりました。

万が一この5人の動きがなければ、現在のような結果には至らなかったかも知れません。B型肝炎訴訟については、多くの体験談なども出ていますので、まずは専門と名乗る弁護士に無料相談を実施し、給付金を受け取る準備をして行くことです。

B型肝炎訴訟の際の弁護士の選び方

訴訟というとやはり弁護士に依頼するというイメージが強いですが、結論から言うとB型肝炎訴訟の際も弁護士に依頼してしまった方が全てにおいてスムーズにすすむというのは確かです。裁判所へ行く必要があったり、書類収集の必要があったりとやることが多いのですがこちらを代行してくれるので、負担がとても軽減します。

弁護士の選び方ですが、現在ではインターネットなどで調べると「B型肝炎訴訟に強い法律事務所」など、どの分野に強い法律事務所なのかを事前に確認することができます。そういった所で情報収集をしてから依頼することをオススメします。また自分と合う、合わないもありますので、すぐに決めてしまわず、比較検討が鍵になります。

B型肝炎訴訟の手引きとは

B型肺炎ウイルスの感染経路は、集団予防接種をした際に同じ注射器を使いまわしたことにより、感染したと考えられるため、集団予防接種が原因で感染したことを、証明することが重要です。

証明するには、裁判所における司法手続きの中で、取り決めた救済要件に当てはまるかどうかで決定されます。裁判所に認められたことにより、国を相手どってのB型肝炎訴訟を提起し、裁判所の仲介の下で和解協議を経て申請することになります。

必要書類などは、弁護士がすべて指示をしてもらうことが出来ますので、心配する必要はありません。誰でも簡単に手続きすることが出来ます。

獲得するために知るべきB型肝炎給付金のこと

集団予防接種で注射器を連続使用したことにより、B型肝炎ウイルスに感染して苦しんでいる方は40万人以上とも言われています。

これに対して国はB型肝炎給付金の支給を行っていますが、集団予防接種が原因か、それ以外の理由で感染したかを正しく判断をするため、B型肝炎訴訟という形を取っています。

B型肝炎訴訟は2022年1月22日までに提訴する必要があります。必要書類は1次感染の場合には肝炎検査結果や母子手帳、カルテ、2次感染なら母親の感染の証拠、自身の肝炎検査結果と訴状です。

手続きが難しいので、弁護士へ依頼することも検討すると良いでしょう。

B型肝炎を予防するためには

B型肝炎は、正しい知識があれば感染のリスクを大幅に減少させることができます。感染経路は血液を介しての感染が主なものと言われています。

具体的には、輸血や性行為、針刺し、臓器移植、刺青などにより感染する可能性が高いとされています。過去に日本では注射器の連続使用による、集団予防接種が行われた時期があります。その際に集団感染が起きた可能性が高いといわれています。

近年では医療の発展と正しい知識と医療行為が定着しているため、新たに感染が起こる可能性は低いといわれています。B型肝炎に感染した方は国にB型肝炎訴訟を起こし裁判で争うことで給付金を受け取ることができる制度があります。

B型肝炎訴訟の対象者はどういった人たちなのか

B型肝炎訴訟を行える人たちは大きく一次感染者と二次感染者に分けられます。

一次感染者と呼ばれる方たちは集団予防接種が原因になる方で、二次感染者というのは一次感染者の母親から感染をした子どものことです。

母親が給付金支給対象者であったり、B型肝炎ウイルスに感染している場合にその子どもは、出産時に母子感染した二次感染者として、年齢や予防接種の有無に関係無く、B型肝炎訴訟では給付金を受け取るための請求手続きができます。

給付金支給対象の父親がいたり、B型肝炎ウイルスに感染した方の子どもでも、両親からの二次感染者として、年齢や予防接種の有無に関係無く、給付金請求の手続ができる可能性があります。

申請期限が迫るB型肝炎給付金

B型肝炎をはじめとしたウイルス性肝炎は、治る見込みが高い病気です。しかし、症状が悪化して死に至ることもありますから、早期発見及び治療は欠かせないでしょう。

B型肝炎の中でも、集団予防接種による感染が原因の方は、国からB型肝炎給付金を受け取ることができます。

こうした制度を利用して病気を確実に回復していきましょう。
別の感染原因でないか、どんな病態なのかを正しく認識するため、B型肝炎訴訟という形を取っています。準備や手続きがわからないという方は、弁護士などの専門家へ相談することも検討しましょう。

申請は2022年1月までと期限が迫っていますので、出来る限り早く提訴することをおすすめします。

B型肝炎訴訟を積極的になって行おう

訴訟という言葉を聞くと、勝ち負けを決めるイメージを持つ人が多いかもしれません。B型肝炎訴訟は、決して争うものではなく、救済要件を満たしているかを書類で確認する手続きを意味するようです。

給付金を受け取るためには、自動的に支給されることがないので、国に対して裁判所を通して訴訟を起こす必要があります。訴訟については個人でもできますが、法的な知識のない一般の人が行うとハードルが高いため、専門知識のある弁護士に依頼することが多いようです。

給付金が受け取れるかどうかわからない場合であっても無料で相談することもできるので、一つの手段として頭の片隅に置いておいてもいいかもしれません。

家族がB型肝炎ですでに亡くなっていてもB型肝炎給付金は対象か

B型肝炎が原因となって亡くなってしまった方については、相続人となる遺族がB型肝炎給付金訴訟を起こすことができます。

一次感染者や二次感染者であること自体は関係なく、いずれの場合も、B型肝炎で死亡したら遺族に給付金が支給されます。B型肝炎給付金は900万円から3600万円が受け取れます。

家族がB型肝炎で亡くなった場合、B型肝炎訴訟を行う遺族本人も、母子感染などでB型肝炎に感染しているというケースが少なくありません。そのため、亡くなった方の給付金請求と一緒に、自身もB型肝炎だった場合はあわせて請求することができるのです。

B型肝炎訴訟に関する記事

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎訴訟 弁護士 肝炎給付金 B型肝炎 訴訟費用

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。

ページトップ