• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎訴訟 ガイドラインについて

健康でありたいという願いは、おそらくいかなる時代においても人類共通の願望であるといえます。

しかし、その健康というものはちょっとした環境の変化や、もしくは不慮の事故などによって簡単に損なわれてしまいます。そうした願わずとも、しかもシステムのミスによって生まれた健康被害としてB型肝炎は有名な事例であるといえます。

このB型肝炎に関する健康被害は訴訟を行うことによって救済を請求することができます。

ガイドラインに基づけば、厚生労働省からのB型肝炎給付金を受けることができるので一応の治療費として生活を支えてくれます。

B型肝炎訴訟はB型肝炎ウイルス感染の証明が必要

B型肝炎訴訟で給付金を獲得するためには、集団予防接種などによってB型肝炎ウイルスに感染しているか、一次感染者である母親から、母子感染によって集団予防接種などで、B型感染ウイルスに持続感染したことを証明する必要があります。

ただ、B型肝炎訴訟で感染を証明するには、事実を証明する必要があり、自身で給付金を請求する場合は、専門用語などもあり、すこしわかりにくい部分もあります。

そういった場合には、B型肝炎訴訟の専門家である弁護士に依頼した方が、作成困難な裁判所に提出する書面作成や、裁判所への出頭などを行ってもらうことができるので、メリットが大きいといえます。

B型肝炎訴訟で給付金を受け取るための検査

B型肝炎訴訟とは、昭和23年から昭和63年にかけて注射器が使い回された集団予防接種などにより、B型肝炎ウイルスに感染してしまった人たちが起こした訴訟です。

国との合意により、感染が認められた人には給付金が支給されます。B型肝炎訴訟の対象となるのは、7歳までに集団予防接種などで感染した人と、母子感染した人やこれらの人々の相続人です。

B型肝炎かどうかは、血液検査で判明します。感染経路の推定やウイルスの遺伝子型も調べます。

給付金を受け取るためには集団予防接種などで感染したことを証明する必要があるので注意が必要です。

B型肝炎訴訟の流れはある程度決まっている

他の一般的な民事訴訟と違い、B型肝炎訴訟の流れはある程度決まっています。

集団予防接種によって感染したこと、またはそうした原因で感染した母親から感染したことが書面で示せれば、本人訴訟でもかまいませんから国を相手にB型肝炎訴訟を起こします。

裁判所で、その被害者が揃えた書類によって、集団予防接種で感染したことが明らかであると認められたら、国は和解に応じます。和解金の基準はすでに決まっていて、その基準に基づいて支払われます。書類がそろっているかどうかということを確認するための裁判となりますので、書類が肝心となります。

B型肝炎訴訟に関する記事

ページトップ