• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎の原因と潜伏期間に関して

B型肝炎の原因としては、注射針の使いまわしや輸血などが挙げられており、時として劇症肝炎を発症することもあるため、積極的に治療に取り組むことが求められています。

B型肝炎の潜伏期間は、個人差が大きいことでも知られていますが、一般的には1カ月から6カ月程度であるといわれています。また、B型肝炎ウィルスに感染をした場合であっても、症状が現れないことも珍しくなく、定期的な検査の際に発見されることもあります。

この疾患を治療するためには、様々な治療法が用意されているため、担当の医師とよく相談をすることが大切です。

B型肝炎訴訟でないと払われない給付金

B型肝炎訴訟は幼少期集団予防注射において注射の使い回しによってB型肝炎に感染した方に関わる訴訟です。

集団予防注射をした側の杜撰さによるもので感染者に非は無いのが特徴です。その為感染の判断をする材料として裁判を利用する仕組みになり訴訟を起こし感染を審議してもらう事になります。

それがB型肝炎訴訟を起して国に責任を認め感染者本人や其れによる母子感染者を給付金で救済するシステムの訴訟です。

B型肝炎訴訟は注射器連続使用による感染である事を国側が証明する事になりますがそれは簡単ではないため給付金が支払われると言うケースがほとんどを占めます。

B型肝炎訴訟は国に対し訴訟を起こし和解する形式

B型肝炎訴訟は、昭和23年から昭和63年に日本中で国が行った集団予防接種でB型肝炎に感染したことに対して、原因が注射器の使いまわしによるものとして補償を求めて行っているものです。すでに国は予防接種によるものと認めていますが、給付金を支払ううえで、B型肝炎訴訟を国に対して起こし、和解をする形をとることが必要です。

給付金は予防接種を受けた本人と、母子感染した子供に対して支払われるものです。亡くなっている方に対しては遺族に対して支払われます。証明する母子手帳や書類を揃えて弁護士に相談し代行してもらうほうが迅速に進みます。

B型肝炎訴訟で必要な書類は一体どのようものがあるの?

B型肝炎訴訟を自分で手続きしよとした時にはどういった書類が必要なのか把握しておくことが大切です。

提出が求められる書類をしては
①6ヶ月以上間があいて受けた検査結果(まだB型肝炎が続いているのかどうか判断するため)
②母子手帳
③予防接種台帳(対象者にあてはまるかどうかの確認をするため)
④母親の検査結果
⑤カルテ(本当に集団感染か、他に当てはまる項目はないか判断するため)
が必要になってきます。

③の予防接種台帳に関しては地域によって保存している所と保存していない所があるため、保存している人のみの提出になります。またこちらが提出できない場合には代わりに医者の接種痕が認められるかどうかの診断書が必要です。

予防接種による肝炎感染の被害者が起こしたB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は、過去に行った予防接種の管理体制によって、注射器の使いまわしたりする事などが起こり、その結果その予防接種を受けた多くの国民がB型肝炎を発症し、感染に至るようになりました。

その際にB型肝炎の感染の被害にあってしまった人たちが国を相手取り、訴訟を起こすようになりました。

国に対して損害賠償の責任を認めることを最高裁判所判決で勝ち取り、その後全国でもB型肝炎に関する訴訟が次々と提起されはじめました。平成23年6月には基本合意が成立し、給付金の支給が認められるようになりました。多くの被害者がいますので、思い当たる人は弁護士に相談することをおすすめします。

B型肝炎訴訟による救済措置

過去に強制的に実施されてきた集団予防接種などの影響により、蔓延したB型ウイルス感染は、被害者の方によるB型肝炎訴訟により、国からの救済措置として、感染者とその家族に対して給付金が支払われる制度が整えられています。

弁護士や裁判所を通じての手続きが必要となり、自分が対象となるかどうか、また、どのような手順に沿って手続きを行えば良いか、正しい情報や取り決めを把握した上での申請作業を進める事が必要となります。なるべく損をしないためにも、速やかに対応しながらB型肝炎訴訟の情報を集める事が、より確実な給付金の受け取りに繋がることでしょう。

B型肝炎訴訟に関する記事

ページトップ