• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎の集団訴訟、原告と和解で給付金支給

平成23年6月に、集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった原告と国との間で和解が成立しました。

そして、翌年1月13日から、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されることになり、裁判で和解が成立した患者に対して、給付金が支給されることになりました。

そもそも予防接種でなぜB型肝炎に感染してしまったのかというと、同じ注射器を使いまわしていたからです。驚くべきことに、このような状態が昭和63年まで行われていました。

この集団予防接種によってB型肝炎に感染してしまった患者は推計40万人いると言われています。

B型肝炎訴訟でわからないことはまず相談しよう

昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種やツベルクリン反応検査において、注射器を使いまわしていました。そのためB型肝炎のキャリアーから注射器を通してB型肝炎ウイルスに感染してしまった感染者が推定で40万人以上いるとされています。

その後、B型肝炎訴訟が起こされ、現在は国との和解が成立し、病態に応じて給付金が支給されることになっています。ただ、どのようにB型肝炎訴訟を起こせばよいのか、発病していない場合はどうなるのか、どのように集団予防接種で感染したことを証明すれば良いのかなど、わからないことがあれば、まず法律事務所を通して相談してみると良いでしょう。

B型肝炎訴訟の報告書の内容とは

B型肝炎訴訟の報告書の概要は、ネット上に大々的に掲載されているため、少しでも知りたいことがある場合には、積極的に情報収集をすることがおすすめです。

最新のB型肝炎訴訟の動きについては、初心者が冷静に判断をすることが難しいとされ、定期的に各地の有力な法律事務所に相談をすることで、経験豊富な弁護士からアドバイスを受けることが効果的です。

その他、B型肝炎訴訟の報告書の内容についてわからないことがある場合には、優秀なスタッフがそろっている法律事務所の最新の実績に目を向けることがコツとして挙げられます。

B型肝炎訴訟に必要な戸籍色々

B型肝炎訴訟を行うにあたって必須なのが戸籍関連の書類です。例えば結婚や養子になった事で除籍になっている事や電子化した書類以外は改製したものでないと分からない情報等が有ります。因に最も取得が楽なのは親と同居でどちらも健在の場合です。

結婚や養子で実家から遥かに離れた所に住んでいる場合実家の地域に取りに行かなければならないので大変です。また戸籍はB型肝炎訴訟に向けた段階の一つである為、B型肝炎にかかっていると言う事が分かるカルテや血液検査の結果などを終えてから取りかかる等有ります。

B型肝炎訴訟までの段階は弁護士等では相手次第でやり方の順番が変わる事も考慮が必要です。

B型肝炎に関する記事

ページトップ