• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎訴訟で給付される弁護士費用

B型肝炎訴訟を行う際、弁護士費用が気になるところです。

B型肝炎訴訟は自分で行うこともでき、必ずしも弁護士に依頼する必要はありません。しかし、裁判所に提出する書面作成は一般の人には作成が困難であったり、裁判所への出頭等を行ってもらえるメリットも大きいので、弁護士に依頼する人が多いのが現実です。

救済対象となった場合は、訴訟に係る弁護士費用(給付金額の4%)や感染者確認における検査費用、感染防止のための医療費などが国から一部支給されます。

また、給付金の請求が可能かどうかの無料調査を行ったり、国から支給される費用のみで依頼を受ける弁護士事務所もあるので、弁護士費用を抑えたい方は依頼する弁護士事務所を詳しくリサーチすると良いでしょう。

B型肝炎給付金の請求に必要な書類について

B型肝炎ウイルス保有者はB型肝炎給付金を請求することが可能です。そもそもなぜ給付金が請求されるのでしょうか。実は感染の原因が国の政策で行われた予防接種による注射器の使い回しが大半と言われているためです。よって、感染の原因が国であることを証明するために、書類を準備する必要があるのです。なお、同じ病気であっても、一次感染者の場合と二次感染者の場合で必要な書類が異なりますので注意が必要です。

その後、弁護士などに依頼して裁判所に行ってもらうか、自分で裁判所に行く必要があります。裁判で認められて初めてB型肝炎給付金が支給されるようになるのです。

B型肝炎給付金を受け取ることができる期間

B型肝炎給付金を受け取ることができる期間は、それぞれの患者の年齢や病状などによって、大きな違いが出ることがあるため、いち早く担当者に相談を持ち掛けることがおすすめです。

B型肝炎給付金に関する書類を提出するためには、ある程度の時間が必要となりますが、なるべく多くの人のレビューを参考にしながら、冷静に手続きを進めることがポイントとして挙げられます。

もしも、B型肝炎給付金の概要について興味がある場合には、国や自治体などの公式サイトを参考にすることで、すぐに便利な知識を身に着けることが可能となります。

B型肝炎に関する記事

ページトップ