• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎の訴訟にかかる時間

B型肝炎の訴訟にかかる時間の目安として、裁判から和解まで1年程度かかります。

裁判では、予防接種などでB型肝炎に感染したかどうかについて争うことになるため、集団予防接種などによって感染したことを証明する書類が必要となります。

必要書類は、一次感染と二次感染では異なりますが、検査結果や母子健康手帳、カルテなどが必要になります。また、裁判をするために訴状を作成する必要があります。個人で書類を集めるのは大変なため、B型肝炎訴訟について詳しい弁護士に依頼することもできます。

弁護士と協力して必要な書類を集めることになるため、書類集めにかかる時間を短縮することができます。

B型肝炎訴訟は過去の集団予防接種の注射器連続使用が原因

昭和23年から昭和63年までの間に行われた集団予防接種の際に、注射器が連続使用されました。そのため、日本国内にB型肝炎ウイルスに感染した人が急増しましたが、国は感染者たちに対して支援の手を差し伸べませんでした。

平成18年に国の責任について認める判決が最高裁により出されました。原告が被害者全体の救済を求めましたが、国と厚生労働省は拒否したため、平成20年に全国の10地裁で患者たちによりB型肝炎訴訟が起こされました。

B型肝炎訴訟は日本全国に広がったので、2010年に原告と国の双方で和解が成立しました。2011年には総理大臣が正式な謝罪をして、国と原告及び弁護団との間で調印されました。

B型肝炎訴訟の対応について

B型肝炎訴訟の訴訟は本位で起こすものではなく、起こす必要があるものとして弁護団の手続きの中でとり述べられています。

対応としてはそれがベストであり、B型肝炎訴訟をめぐる問題の中でもどの弁護士団を通して訴えていけばいいかが最大の着目点となります。B型肝炎にかかっているか否かで金額が大きく変わってくるのが最大の特徴であり、この辺りを弁護士団と同交渉していくかが問題です。

またB型肝炎訴訟の合意自体はここ数年で出てきた話なので、まだこの問題が認識されていない部分を考えると、より精査しながら自分たちで考えて訴えを起こしたほうがいいです。

B型肝炎訴訟の給付金について

B型肝炎訴訟の給付金の金額については、人それぞれの年齢や症状の程度によって、大きな違いが出ることがありますが、将来的な不安を解消するために、プロのスタッフが在籍している法律事務所にサポートを依頼することが肝心です。

また、B型肝炎訴訟の仕組みに関しては、素人にとってすぐに判断をすることが難しいケースがあるとされ、いざという時に備えて、同じような立場の人の成功体験談に目を向けることがおすすめです。

その他、B型肝炎給付金の支給額を計算するにあたり、定期的に各方面のメディアを参考にすることが望ましいといえます。

B型肝炎訴訟に関する記事

ページトップ