• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

B型肝炎の訴訟にかかる時間

B型肝炎の訴訟にかかる時間の目安として、裁判から和解まで1年程度かかります。

裁判では、予防接種などでB型肝炎に感染したかどうかについて争うことになるため、集団予防接種などによって感染したことを証明する書類が必要となります。

必要書類は、一次感染と二次感染では異なりますが、検査結果や母子健康手帳、カルテなどが必要になります。また、裁判をするために訴状を作成する必要があります。個人で書類を集めるのは大変なため、B型肝炎訴訟について詳しい弁護士に依頼することもできます。

弁護士と協力して必要な書類を集めることになるため、書類集めにかかる時間を短縮することができます。

B型肝炎訴訟は過去の集団予防接種の注射器連続使用が原因

昭和23年から昭和63年までの間に行われた集団予防接種の際に、注射器が連続使用されました。そのため、日本国内にB型肝炎ウイルスに感染した人が急増しましたが、国は感染者たちに対して支援の手を差し伸べませんでした。

平成18年に国の責任について認める判決が最高裁により出されました。原告が被害者全体の救済を求めましたが、国と厚生労働省は拒否したため、平成20年に全国の10地裁で患者たちによりB型肝炎訴訟が起こされました。

B型肝炎訴訟は日本全国に広がったので、2010年に原告と国の双方で和解が成立しました。2011年には総理大臣が正式な謝罪をして、国と原告及び弁護団との間で調印されました。

弁護士と交渉するB型肝炎訴訟の対応について

B型肝炎訴訟の訴訟は本位で起こすものではなく、起こす必要があるものとして弁護団の手続きの中でとり述べられています。

対応としてはそれがベストであり、B型肝炎訴訟をめぐる問題の中でもどの弁護士団を通して訴えていけばいいかが最大の着目点となります。

B型肝炎にかかっているか否かで金額が大きく変わってくるのが最大の特徴であり、この辺りを弁護士団とどう交渉していくかが問題です。

またB型肝炎訴訟の合意自体はここ数年で出てきた話なので、まだこの問題が認識されていない部分を考えると、より精査しながら自分たちで考えて訴えを起こしたほうがいいです。

B型肝炎訴訟の給付金の金額について

B型肝炎訴訟の給付金の金額については、人それぞれの年齢や症状の程度によって、大きな違いが出ることがありますが、将来的な不安を解消するために、プロのスタッフが在籍している法律事務所にサポートを依頼することが肝心です。

また、B型肝炎訴訟の仕組みに関しては、素人にとってすぐに判断をすることが難しいケースがあるとされ、いざという時に備えて、同じような立場の人の成功体験談に目を向けることがおすすめです。

その他、B型肝炎給付金の支給額を計算するにあたり、定期的に各方面のメディアを参考にすることが望ましいといえます。

発症の経緯とB型肝炎訴訟の内容

B型肝炎訴訟は、過去に行っていた予防接種の管理の体制によって、注射器の使いまわしなどの事態が起こり、その結果予防接種を受けていた多くの国民がB型肝炎を発症してしまい感染に至ってしまうようになりました。B型肝炎の感染の被害にあった人たちが国に対して、訴訟を起こすようになりました。

その結果損害賠償の責任を認めることを最高裁判所判決で勝ち取ることができ、その後全国でもB型肝炎に関する訴訟が続々と提起されはじめました。平成23年6月には基本合意が成立され、給付金の支給も認められました。多くの被害者がいますので、少しでも思い当たる人は弁護士に相談することです。

B型肝炎訴訟はなぜ訴訟を起こす必要があるの?

B型肝炎訴訟について、なぜ訴訟を起こさなければ給付金を貰えないような仕組みになってしまったのでしょうか?訴訟をするにしても時間もお金もかかりますので、B型肝炎にかかった人が全員もらうことができる訳ではありません。

大きな要因としては「その人が本当に注射器の使い回しのせいでかかったのか」ということを判断するためと言われています。他に要因としては元々B型肝炎にかかっている人の血などに触れると感染してしまいます。

ただしこの訴訟で国が勝つためには「注射器が原因でこの人がB型肝炎にかかった訳ではない」ということを証明しなければなりません。ちなみに給付金振り込みもこちらの機関が対応しています。

B型肝炎訴訟を起こせるのは第一次感染者だけではない

B型肝炎訴訟と言うと、自分自身が注射器使い回しの被害者である第一次感染者しか起こせないような気がしてしまいますが、そんなこなく、第二次感染者と呼ばれる人たちも起こすことが可能なのです。

第二次感染者①第一次感染者の項目を満たしている母親がいる人②自分も現在進行形でB型肝炎にかかっている人③他に感染経路が見当たらない人が当てはまります。

B型肝炎を持っている母親がいるような人は、自分のB型肝炎はそこからの経由でかかったかもしれません。少し高く費用はかかってしまいますが、一度検査してみる価値はあります。

B型肝炎訴訟に関する記事

ページトップ