• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP 遺族がB型肝炎給付金を申請する場合

もくじ

  1. 遺族がB型肝炎給付金を申請する場合
  2. B型肝炎訴訟の書類準備で母親死亡の場合
  3. 安心して暮らすためのB型肝炎給付金
  4. 国と和解成立、法務省が定めるB型肝炎給付金とは
  5. B型肝炎給付金獲得出来た場合の税金
  6. B型肝炎給付金を支給してもらうためには
  7. B型肝炎給付金を受給するには弁護士を利用しよう
  8. B型肝炎給付金は期限があります
  9. B型肝炎給付金は高額になることも
  10. これからかかる治療費とB型肝炎給付金
  11. B型肝炎給付金の申請期間
  12. ウイルス発症者のB型肝炎給付金をめぐる動き
  13. B型肝炎給付金についての記述
  14. 感染の疑いがあればB型肝炎給付金制度を利用しよう
  15. B型肝炎給付金は損害賠償金です
  16. B型肝炎給付金の申請は早めが理想的

遺族がB型肝炎給付金を申請する場合

B型肝炎給付金は、患者本人はもちろん、残念ながら亡くなってしまった方の遺族が受け取ることもできます。手順として国に対して訴訟を起こす流れで申請をしますので、必要書類を揃えなければいけません。

患者本人が亡くなっていて検査を受けることはできませんので、死亡診断書が手元になければ、死亡した病院にカルテが残っていれば、書類を作成してもらえます。集団予防接種を受けたことが記載された母子手帳などや、母子感染ではないことを証明できる書類を揃えなければいけません。母親が御存命ならば、医療機関で検査を受け診断書を作成してもらうことができます。

B型肝炎給付金の詳細はここ。

B型肝炎訴訟の書類準備で母親死亡の場合

B型肝炎訴訟では、裁判所に和解金請求条件を満たしていることを証明するための、さまざまな書類を提出する必要があります。その中に集団予防接種によってB型肝炎に感染した一次感染者であるという証明書類があります。

母子感染ではない事を証明するために、母親がB型肝炎の血液検査を受けてその結果を添付します。母親死亡で証明書が付けられないときには、年長の兄弟姉妹の血液検査の結果を添付します。一人っ子であったり、年長者が生存していない場合には、医学的な見解から判断して母子感染ではないと認められる書類が必要になります。

安心して暮らすためのB型肝炎給付金

現在、厚生労働省は昭和23年から昭和63年に集団予防接種など、病院内でB型肝炎に感染した人々に対して、安心して暮らせるようにとB型肝炎給付金を支給しています。

このB型肝炎給付金の金額は、患者のB型肝炎の病態によって変動し、数十万円から数千万が支払われています。

どうして給付されるのが昭和23年から昭和63年の40年間に限定されているのかというと、その時代の病院内の慣習として、一つの注射器を複数人に使い回すという悪臭が広まっていたからです。つまりB型肝炎に感染した人に使用した注射器を使い回したことによって、連鎖的に感染者が拡大したのです。

国と和解成立、法務省が定めるB型肝炎給付金とは

B型肝炎訴訟は集団予防接種等の注射器の連続使用などによってB型肝炎ウイルスに感染した本人や遺族が国を相手に損害賠償を求めている訴訟です。

法務省は最高裁判所で因果関係を認め和解協議をし合意しました。これにともなってB型肝炎給付金が認められ給付についての法律ができました。

請求期限は平成34年1月12日までです。条件として一次感染者はB型肝炎ウイルスに持続感染しており満七歳迄に集団予防接種を受けており、母子手帳等で確認できること、等があります。

B型肝炎給付金は病態等によって金額が異なるので給付金診断や弁護士等の専門家に相談する事が大切です。

B型肝炎給付金獲得出来た場合の税金

B型肝炎訴訟では、人によりますが獲得出来るB型肝炎給付金が3000万円以上の大きな金額の場合もあります。この様な金額になると給付金の税金は、どのように成っているか問題です。

国税庁のホームページ等では和解金に関する課税関係に関する文書回答事例が公開されていますが役所にも勿論正当な理由が有るのですが、なかなか一般人では難しい言葉や専門用語が並んでいますのでB型肝炎給付金訴訟をお願いした弁護士さんに解説して貰う必要が有ります。

公式文書では所得税に関しては基本合意書を踏まえ損害賠償金又は見舞金として考えられる為非課税所得に該当します、と成っています。

B型肝炎給付金を支給してもらうためには

B型肝炎給付金を支給してもらうためには一定の条件を充たすことを証明する書類が必要です。 一次感染の場合は、B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明するものが必要で、感染者本人の血液検査の結果が必要になります。そのほかにも色々と細かい証明が必要になります。

二次感染者は母親が維持感染者であることと本人がB型肝炎ウイルスに持続的に感染していることを証明しなければなりません。

そうして初めてB型肝炎給付金が支給されます。その額は病気の程度によって決まってきます。書類がとても複雑ですし、あれこれ色々なところに行って証明できるものを貰ってこなければいけないので、法律の専門家に相談するのがベストだと思います。

B型肝炎給付金を受給するには弁護士を利用しよう

集団予防接種が原因で発症した場合に受け取れるB型肝炎給付金ですが、対象者が申請する場合には、数多くの要件を満たしていなければなりません。また、その要件を満たしていると証明する書類を揃えて提出しなくてはいけません。

手間や時間もかかるため、面倒がってB型肝炎給付金申請をしていない方も多く存在しています。そんな時には弁護士に依頼をすれば、とても簡単に申請を行う事が出来ます。

必要書類の収集や提出書類の管理など、すべて弁護士が代理で行ってくれます。弁護士を利用して給付金の申請を行うと、早ければ2カ月程度で給付金を受け取れます。

B型肝炎給付金は期限があります

B型肝炎給付金を受けることができる人は、幼少期など集団予防接種を受ける機会があり、そのときの注射器が原因でB型肝炎ウイルスに感染している方、親がそのウイルスを持っていて母子感染した方、これらの相続人の方がB型肝炎給付金の対象者です。

B型肝炎給付金を受け取るには期限が設けられています。期限を過ぎると無効になってしまいます。対象者は推定40万人ともいわれていますが、いまだ数万人しか受給していないのが現状です。自分が対象者なのかどうかは、弁護士に相談することですぐに調べてもらうことが出来ますので、気軽に相談してください。和解成立まで1年ほどかかります。

B型肝炎給付金は高額になることも

あまり症状が出ていなくて、多少体調不良だと感じる程度であれば、基本的にB型肝炎給付金は安くなります。しかし死亡するほどの大きな病気だったり、ガンにまで発展しているなら大金を受け取れます。遺族が受け取っても大丈夫ですし、現時点で治療を受ける必要がある場合も、認定を貰ってから給付金を受ければいいのです。

B型肝炎給付金は、症状によってランクが定められ、その範囲内で給付金が受け取れます。高額になる場合、相当な状態になっていると判断され、かなりの金額が出てきます。ただ認定される範囲によって、額が思ったほど増えない傾向もあります。

これからかかる治療費とB型肝炎給付金

B型肝炎というのは完治が非常に難しいもので、今後ずっと治療自体は続けていかなければならないという場合がほとんどです。今後かかっていく治療費はいくらくらいになるのか想像もつきません。

しかし今の制度では20年以上経ってしまった無症候性キャリアに人に対するB型肝炎給付金別途の医療費については、給付金は出ないことになっています。

代わりといってはなのですが、定期検査代として
①1慢性肝炎などの発症を確認するための画像検査や血液検査
②母子感染を防止するための医療費
③定期検査費用
に関しては給付されるようになっています。

B型肝炎給付金の申請期間

ニュースや広告などで、B型肝炎給付金という言葉を知った方もいるのではないでしょうか。

昭和期において、集団予防接種で使用する注射器を使い回してしまったことで、ウイルス感染者が爆発的に増加しました。また、そのB型肝炎に感染した母親から母子感染し、B型肝炎を発症してしまった方もいます。そのような方々への賠償として、国が給付金の支給をしているのです。

既に発症し、治療をしている方だけでなく、B型肝炎ウイルスキャリアの方や、B型肝炎が原因で亡くなった方の遺族も受給対象となっています。

平成34年1月までと申請期間が迫っているため、心当たりのある方は早めに弁護士などに相談しましょう。

ウイルス発症者のB型肝炎給付金をめぐる動き

肝炎ウイルスと聞いたことがある人は多いと思いますが、肝炎の詳しい内容まで把握できているという人は少ないと思います。肝炎だけでもA型・B型・C型・ 型・E型などがあり、その中でB型やC型を発症する方が多くなっています。

早期に治療を行えば深刻な状況を防ぐことができます。
しかし昭和23年から昭和63年まで集団予防接種の際に使用されていた注射器を連続使用したことによってB型肝炎を発症した方が多くおり、また中にはB型肝炎ウイルスを発症した方から母子感染した方も含まれています。

そのため、国に対して損害賠償を求める訴訟を起こせば、支給対象者として認定され給付金を受け取ることができる制度が施行されました。

B型肝炎給付金についての記述

B型肝炎給付金というのは、B型肝炎ウィルス感染と認められた人が、給付金受給の対象者となります。
また、病状によって50万円から3600万円の給付金が受け取れます。

給付金対象者には、4つの条件が必要です。
まずは
1.B型ウィルスに持続感染している
2.満7歳になるまでに集団予防接種を受けている
3.昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に集団予防接種を受けている
4.集団予防接種のほかの感染原因が考えられない
などです。

給付対象者の認定は、救済要件を満たすかどうか、裁判所で根拠に基づいた確認が必要です。そのため、B型肝炎給付金を受け取るためには、国を相手に国家賠償請求訴訟を提起することが必須です。

感染の疑いがあればB型肝炎給付金制度を利用しよう

幼少期の集団予防接種における注射器の使い回しが原因でB型肝炎に感染してしまった人や、その人から母子感染によってB型肝炎に感染してしまった人が、B型肝炎給付金の対象者となります。

B型肝炎が原因で亡くなってしまった場合も、遺族の人が代わりに給付金の請求を行うことができるようです。

給付金を受け取るためには、国に対し裁判所を通じて訴訟を起こす必要がありますが、給付金を受け取っている人はほんの一部の人だけのようです。

この背景には給付金制度を知らない人がまだ多数いることが考えられるようです。この請求には期限がありますので、感染の疑いのある人は一度専門家に相談してみてもいいかもしれません。

B型肝炎給付金は損害賠償金です

B型肝炎給付金というのは、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方々に対して国から支払われる損害賠償金の事です。何故給付金が支払われるかというと、その感染経路が国側に責任があると認められたからです。

給付金を受けとるためには、集団予防接種での感染や母子感染を証明しなければなりません。
支給される金額はB型肝炎に感染した結果、どのような病気になったかで違ってきます。また、注意点としては発症から20年間、請求をしなければもらえる金額が減ってしまうという事です。

いずれにしても正式な請求手続きをするためには、弁護士に依頼する必要があります。
可能性がある方は早めに相談してみて下さい。

B型肝炎給付金の申請は早めが理想的

集団予防接種が原因でB型肝炎に感染している人は45万人いるとされていますが、B型肝炎給付金を受け取っている人は、その中の1割程度しかいないところが現状のようです。

B型肝炎給付金は国からの損害賠償金となりますが、自動的に支払われるものではないようです。一般的には弁護士に依頼をして国に対して訴訟を起こすケースが多いようです。

給付金は病状によって異なりますが、最大で3600万円を受け取ることが可能になります。B型肝炎を発症してから20年未請求のままでいると、支給額が減ってしまうところが注意したい点のようです。給付金を満額受け取るためにも、早めに弁護士に依頼することがポイントになりそうです。

B型肝炎に関する記事

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎訴訟 弁護士 肝炎給付金 B型肝炎 訴訟費用

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらのページからお願いします。

ページトップ