• B型肝炎の給付金が受け取れる制度をご存知ですか?
  • 給付金請求の手続きは弁護士へ
  • B型肝炎訴訟をサポート

TOP B型肝炎訴訟 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟を考えて厚生労働省の「B型肝炎訴訟の手引き」を読む

目次

  1. B型肝炎訴訟を考えて厚生労働省の「B型肝炎訴訟の手引き」を読む
  2. B型肝炎訴訟を諦める前に
  3. B型肝炎訴訟の相談はまずは電話で
  4. B型肝炎訴訟で三次感染でB型肝炎ウイルスに感染した方も対象

B型肝炎訴訟を考えて厚生労働省の「B型肝炎訴訟の手引き」を読む

B型肝炎訴訟を考えたなら、厚生労働省の「B型肝炎訴訟の手引き」をまずは取り寄せてみませんか?はっきりいて、非常に詳しく、参考にはなるのですが、素人の方には無理と思うかもしれません。

B型肝炎訴訟は国を相手に訴訟をするので敵対的なものと勘違いする方もいますが、そうではありません。本当に必要としているB型肝炎の患者を救うためのものなのです。

B型肝炎給付金請求に必要な書類はその状況で変わってきますし、書類もいろいろあり、集めるのも大変です。

だからこそ、B型肝炎給付金請求を熟知した弁護士に相談し、依頼することが一番いいでしょう。B型肝炎訴訟にはいろいろな経験が必要なのです。B型肝炎給付金請求ナビを見てみてください。

B型肝炎訴訟を諦める前に

B型肝炎訴訟を諦める前に一度、厚生労働省のB型肝炎給付金請求に関するページを見てみましょう。それはどんなスタンスで国がB型肝炎の患者に向き合っているのか?を知る機会となるのです。

一番びっくりするのはB型肝炎給付金請求には多くの書類を集め、提出必要があるのです。そしてB型肝炎給付金請求の該当する方の規定も細かく書かれています。

読むだけで数週間が必要となりそうな量です。そして、正式なコメント、書類ですのでかなり専門性の高い文言もあります。

これをみて自分では無理と思い、弁護士に相談しようという踏ん切りがつく方も多いでしょう。特に、提出書類を集めるのが難しい場合はB型肝炎訴訟もできませんので、弁護士に相談するしかありません。

B型肝炎訴訟の相談はまずは電話で

弁護士によっては無料相談を電話でしている場合があります。いろいろ考えても何も進まないことが多いでしょう。そんな時にはB型肝炎訴訟に詳しい弁護士に連絡をするといいでしょう。

インターネットでも探すことはできますし、大阪弁護士会に相談するのもいいでしょう。そして、B型肝炎訴訟でネックになるのが、証拠資料、提出が必要とされる資料が集まらないことです。

そんなこともサポートしてくる弁護士事務所があります。それが大阪、京都、神戸にある弁護士法人みお綜合法律事務所なのです。弁護士費用も着手金無しで、成功報酬制の後払いなので安心です。

同じような費用のところもあります。探してみてください。

B型肝炎訴訟で三次感染でB型肝炎ウイルスに感染した方も対象

三次感染でB型肝炎ウイルスに感染した方は給付金を受け取ることができます。ただ、それを証明する必要はあります。何が必要なのか?というと、

自身がB型肝炎ウイルスに持続感染している

両親のいずれかが二次感染者(母子感染)の要件を全て満たしている

両親のどちらかから感染した

なのです。これを証明することは意外と大変なのです。そんな時には弁護士に相談しましょう。両親が二次感染者の要件を満たしているので、そのB型肝炎給付金請求がされていない場合はこちらもB型肝炎訴訟を行いましょう。

2022/9/15 更新

B型肝炎訴訟に関する記事

メニュー

B型肝炎患者への給付金HOME B型肝炎給付金 B型肝炎給付金を受取るまで 無症候性キャリアのB型肝炎訴訟で必要な弁護士費用 B型肝炎訴訟 肝炎訴訟

「B型肝炎患者への給付金」サイトではB型肝炎給付金の対象条件から、B型肝炎訴訟について相談できる弁護士などの情報を紹介しています。条件となる感染経路や給付金請求の必要書類については法律事務所や大阪の弁護士事務所のサイトをご覧ください。

大阪、京都、神戸などで肝炎訴訟・給付金についての無料説明会が弁護士によって開催されています。気になる方は是非参加してみましょう。

ページトップ